スマホ老眼を予防しよう

普段、多くの時間をスマホに費やしていませんか。そういう人は、スマホ老眼にならないようにする為に、日ごろから予防を心がけるようにしましょう。ずっとスマホの画面を見続けていると、気が付いた時には近くを見るときにぼやけてしまうという事態に陥ることもあります。実際に、若年層でも老眼のような症状が出ている人はたくさんいます。そうならないように気を付けましょう。

近くのものを見るとき、人間の目はピントを合わせるためにピント調節するための筋肉を使います。これは、近くのものを見るときに最も使われる筋肉です。だから、あまり顔の近くでスマホの画面をずっと見続けてしまうと、この筋肉を酷使することとなってしまいます。そうすると、筋肉の疲労によってピントを合わせる力が弱まってしまいます。こうならないようにする方法があります。

ずっとスマホの画面を見続けるのではなく、休憩を入れてください。1時間に1回で構いません。このくらいの頻度で遠くを見るようにするだけでも随分と違ってきます。また、スマホを操作するときはあまり顔に近付けないようにしましょう。画面が近付きすぎることでよりピントを合わせる筋肉を使ってしまい、ピントを合わせにくくなってしまうからです。少し画面を離した状態で操作すれば、スマホ老眼になりにくくなるでしょう。あまり目を酷使しないようにしてください。目をいたわるためのグッズもありますので、これらも使って目を休ませればピント調節機能が保つことができるでしょう。